水曜日, 2月 28
Shadow

子育てをサポートしてくれる短時間勤務制度を知ろう

「仕事と育児を両立したい」と考える看護師は多くいらっしゃるかと思います。しかし、看護師は職業柄、緊急対応が生じて残業になったり、急な呼び出しで対応せざるを得ないようなケースもあります。そんな働き方が厳しいという方に最適なのが、「短時間勤務制度」です。
短時間勤務制度とは、育児などによりフルタイムでの勤務が難しい看護師が利用できる制度です。条件を満たす人であり、会社が導入していれば取得することができます。利用することで、看護師の育児と仕事の両立の実現の手助けになります。
この制度を利用するためには条件があります。具体的には、育てている子どもが3歳に満たないこと・日雇いで働いていないこと・1日に働く時間が6時間以下ではないこと・労使協定により適用除外とされていないことなどといったものです。条件を満たしてさえいれば、パートや派遣社員として働いている場合でも利用できる可能性があります。
短時間勤務制度を使えば、フルタイムより短い労働時間であっても、正社員同等の扱いで従事することができます。賞与や昇格、退職金などに相違はありません。ただし基本給は働いた時間分のみになります。
厚生労働省が働き方改革を推し進める今、短時間勤務制度を導入する職場はどんどん増えています。特に看護師は女性の割合が多く、子育てに奮闘する女性が多数いるため、人材確保を急ぐ医療現場では体制が整っている傾向にあります。子どもの育児のためにもっと時間が欲しいのなら、ぜひ短時間勤務制度がある職場に就くことをおすすめします。