土曜日, 8月 8
Shadow

通勤時間

看護師の通勤時間に関するストレス解消方法

看護師にとって通勤時間は、短くても長くてもストレスになってしまいがちです。ただ、ストレスが溜まると分かっていても頑張れば何とかなる、我慢すればいいと考えている人も少なくありません。 そんなストレスを抱えたまま通勤時間を過ごしていても、プラスになるどころかマイナスになってしまいがちなので、通勤時間にストレスを感じている看護師は、ストレスを解消できるように工夫することが有効だと言われています。 では、実際にどのように工夫をすればいいのかというと、例えば、電車通勤の人は途中の駅で降りてみるという方法があります。帰り道に、最寄り駅ではなく、敢えて途中の駅で降りて買い物やショッピングをするなど、気分転換を図ったり、そこから歩いてダイエットや運動不足を解消してみると意外とストレス解消になるようです。 また、車通勤の人は、余裕がある時にいつもと違う道を走る、ドライブがてら遠くのお店に行ってみるなどのストレス解消方法があります。時間がなければ、車内で大好きな曲をかけて気持ちを高めてみたり、ちょっとしたカラオケを楽しむという方法もストレス発散に効果的です。 ほかにも、徒歩通勤の看護師であれば、こちらもいつもと違った道を歩いてみる・途中でお茶をしたり趣味を楽しむというストレス解消方法が挙げられます。 このように、通勤時間を有効に活用することで、上手にストレスを発散することが良いと考えられているのです。...

通勤時間は看護師にとって転職の要因になるのか

看護師は職場の人間関係や仕事の多忙さを理由に転職を希望する人は多いですが、通勤時間も転職の要因の一つです。看護師を目指している人は仕事の内容を第一に考える人が多いことでしょう。しかし、看護師は通勤時間が非常にポイントになるのです。 病院は立地の関係上、都心に位置するところや自然豊かな山の中に位置するなど様々です。家から職場が近く、通勤時間が短い場合はすぐに帰宅できその後の時間を自由に過ごすことができます。しかしその一方で、同僚や患者に自分の家を知られてしまう可能性が高くなってしまうのです。 反対に、家から職場が遠い場合は同僚や患者に家を知られる可能性は低くなることや、急な欠勤時に出勤要請がかかることは少なくなります。また、通勤時間を有効に活用しスキルアップやリフレッシュをすることも可能です。しかしその一方で、電車通勤や車通勤の場合には渋滞やダイヤの乱れで遅刻してしまうこともあります。また、夜勤明けで帰宅するのが余計に疲れてしまうという面もあります。 こうしてみると、通勤時間は働くうえで短い方が良いとは一概には言えません。メリットがある一方でデメリットもあるため、通勤時間が仕事や人生に与える影響は一般的なサラリーマンなどの労働者に比べて大きいです。そのため、看護師を目指している人は就業条件はもちろんのこと通勤時間によるメリット、デメリットをしっかりと把握しておく必要があるでしょう。 自身にとってどの通勤スタイルが良いのか、まずは計画を立ててみませんか?>>参考サイト:看護師の通勤時間短縮計画...